メニュー 閉じる

サーバー運用代行サービス

「サーバー運用代行サービス」は、クラウド上で運用しているウェブサイトやメルマガ/メールサーバー/ウェブアプリケーションなどの情報システムを「安全・安心・手間いらず」で管理するためのサービスです。

近年サーバーの脆弱性やWordPressや管理アプリケーションの脆弱性を狙ったハッキング(クラッキング)や不正アクセス、情報漏えいが急激に増えています。

これらの対策は、常に監視し素早く実施する必要があり、サーバーの運用は非常に重要な業務です。

ところが、今までサーバーの運用が必要なかったのに急に運用が必要となっても対応できません。
また、メールやウェブサイトは重要なものですが、そのために専任の管理者を置くのはコスト面でも非常に負担になります。

「サーバー運用代行サービス」で解決できるリスク

サーバー運用代行サービスは、この問題のいくつかを解決するサービスです。

24時間365日の監視でサーバーの安定運用を実現

サーバー運用代行では、24時間365日 外部に公開しているサーバーを監視し問題は発生していないかを確認します。
また、サーバーが止まったなどの問題が発生したとき、監視内容に従い自動で復旧作業を行います。

※)契約内容により、ひと月のインシデント数が異なります。

チケットによりサーバー運用の面倒くささを解決

サーバー運用代行サービスでは、チケットをご利用いただくことにより、サーバーの設定変更やログ確認、セキュリティ対策などの運用作業を代行いたします。

面倒なサーバー運用の手間が無くなります。

※) チケットの他にアカウントの追加・Firewall設定などは個別のオプション料金をご確認ください。

「監視から一次対」までの積極的な自動化

システムの監視・運用を行っていく上で課題となるのが「障害が発生したときに、手順が決められている作業を即時に実行したい」ということです。

特に頻繁に発生するプロセスダウンの再立ち上げなどは、サービス停止に繋がりますので速やかな実行が必要となります。

サーバー運用代行では、プロセスダウンの検出や再起動が必要な状況を検出するとシステムで自動的に再起動するなどの自動化のお手伝いもしております。

月額2万円からの運用代行サービス

サーバー運用保守代行サービスは、月額2万円(1サーバー)からスタートできます。
サーバーの24時間365日の死活監視やセキュリティ対策、日々の運用業務をお任せください。
オプションにより、ミドルウェア(Webサーバーやメールシステム)の環境管理・構築・アカウント設定などサーバー運用に必要な様々な業務を代行いたします。

お問い合わせ

プライバシーポリシー

お客様にご提供頂いた情報はお客様の承諾なくお問い合わせ内容に関わる業務以外には利用することはありません。同意を得た場合は、同意を得た範囲内でご利用させていただくことがあります。

お客様に関する情報は、お客様の承諾なく、マーケティングまたは勧誘等の目的外使用を目的として第三者に対して提供され。または、売却されることはありません。
収集した大切な個人情報は厳正なる管理下で保管いたします。

;