メニュー 閉じる

Let’s Encrypt シールを作成 一般公開を開始【非公式】

常時SSL/TLS(HTTPS)化のサイトが多くなり、また常時SSL/TLS化の助けになるLet’s Encrypt。
2017年はマストドン(Mastodon)の流行によりLet’s Encryptを紹介する記事も多くなってきました。

今回、Let’s Encryptを使用しているサイトが、Let’s EncryptによるSSL/TLSであることを簡単にWebサイトを訪れた人にお知らせできるようにシールを作成しました。

Let’s Encrypt サイトシールの使い方

Let’s Encrypt サイトシールを使う場合には、以下のようにサイトにアクセスしてください。

弊社サイトの左メニューにあるサイトシールは、同じ仕組みを使用したものとなります。
設定すると、次のようなサイトシールが表示されます。サイズは 160×56ピクセルで作成しています。

DOMAIN_NAMEの部分には、Let’s Encryptで運用しているWebサイトのドメイン名(FQDN)を指定します。

このURLにアクセスすると、指定したDOMAIN_NAMEにアクセスして証明書を確認し、有効期限などをプリントした証明書シールが表示されます。
シールはPNG形式の画像です。サイズは 160×56ピクセルで作成しています。

HTTPSでアクセスされた場合のみ表示させたい場合には、次のようなコードをサイトに埋め込んでください。

サイトシールは、24時間のキャッシュを持ちます。キャッシュは、最初のアクセスから24時間で削除され新しいシールに更新されます。

制限事項

  • 本シールは公式のサイトシールではありません
  • 不正なアクセスが確認された場合には公開を停止することがあります
  • 本サイトシールのURLは変更になる場合があります。変更の場合には、当サイトで告知いたします

本サイトシールについては、info@infocircus.jp または、メニューの「お問い合わせ」から、お問い合わせください。

;